日本遺産「北前船寄港地・船主集落」のパネル展  期間延長

小樽市鰊御殿 会場
小樽市鰊御殿 会場

  パネルの展示が大変好評ですので、期間を延長します。展示期限は下記を。
 小樽市鰊御殿:11月24日まで連日(9時〜17時)(10月16日以降は16時まで)
 茨木家中出張番屋:10月14日までの金・土・日・祝(11時〜15時)
              (7月26日〜9月16日は連日開館)    06/03追記


 小樽市が日本遺産「北前船寄港地・船主集落」に認定されたのを記念する、
パネル展が始まりました。
 6月の1日と2日に開催致します「おたる祝津にしん群来祭り」の企画の1つなのですが、祭り当日に先駆け26日から下記2個所で展示を開始しました。

小樽市鰊御殿 会場
小樽市鰊御殿 会場

 昨年5月、日本遺産「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間〜北前船寄港地・船主集落〜」に小樽市が認定されました。これを記念したパネル展は何度が開催されましたが、今回は中身が充実しています。本州・四国の寄港地をニシンの切り口で取り上げ、更には「船主集落」についても取り上げました。「船主集落」橋立・瀬越・河野のパネルについては、今回のパネル展のために小樽商大の船主集落出身の方が思いを込めて制作して下さいました。「今小樽が観光で栄えているのは、私たちの祖先がいたからですよ!!」と、4年前橋立を訪れた私に現地ガイドさんが冗談で語って下さいました。その船主集落とはどんな・・・?
 最後までお読み下さりありがとうございました。
御礼に情報を1つ。「笏谷石」(別名で「越前青石」)をご存じですか?福井産の凝灰岩で、北前船のバラスト等で全国寄港地に運び込まれました。なぜか小樽にはほとんど現存していないのです。小樽軟石、札幌軟石が存在したからでしょうか?その笏谷石が小樽市鰊御殿に現存しています。探して見て下さい。

        

会場:小樽市鰊御殿(祝津3丁目228番地)
内容:小樽の日本遺産構成文化財、船主集落、北前船と後志
日時:6月2日迄  9時〜17時
入館料金:一般300円、高校生150円(小・中学生:無料)
     群来祭り当日無料
協力:小樽市、国立大学法人小樽商科大学
展示に関する問合せ:0134-26-6160(茨木家中出張番屋)

会場:茨木家中出張番屋(祝津3丁目165番地)
内容:北前船とにしん(本州・四国の寄港地 〜大漁のにしんは北前船でどこへ〜)
日時:6月2日迄(5月7日以降は金・土・日のみ)  11時〜15時
入館料金:一般200円(小・中学生:無料)
     群来祭り当日無料
展示に関する問合せ:0134-26-6160(茨木家中出張番屋)

船主集落のパネル(小樽市鰊御殿 会場)
船主集落のパネル(小樽市鰊御殿 会場)

茨木家中出張番屋 会場
茨木家中出張番屋 会場