小樽海岸自然探勝路

自然探勝路
自然探勝路

小樽海岸自然探勝路 について
 小樽市内のオタモイから祝津まで、赤岩山(371.1メートル)の頂上付近及び下赤岩山(約278メートル)の頂上を経由する約5.5キロメートルの探勝路です。
 起伏に富んだこの自然探勝路は国定公園内に位置しており、眼下に見下ろす美しい海岸の風景と 四季折々の植物などを楽しむことができます。
 赤岩峠から下赤岩山の展望地までは稜線に沿っていまして,海側はすべてと言っていいほどの岩稜地帯になっており、道内屈指のクライミングエリアになっています。世界最高峰エベレストの単独登頂に挑戦している札幌の登山家栗城史多さんもこのエリアでロッククライミングの訓練を重ねました。
 マップはこのページ最下部左側の「マップ」の文字をクリックして下さい(PDFファイルです)。
 歩行時間 オタモイ〜赤岩峠   約1時間30分
          赤岩峠〜祝津     約1時間

 歩行可能期間
      積雪により冬季不能

赤岩山の展望台から オタモイ方面の眺望
赤岩山の展望台から オタモイ方面の眺望

赤岩山の展望台 について
 赤岩山の展望台からは、奇岩や絶壁が連なるオタモイ海岸とその先に広がる雄大な日本海を見渡せます。

下赤岩山の展望地から 上:雄冬岬方面、下:眼下の海岸線
下赤岩山の展望地から 上:雄冬岬方面、下:眼下の海岸線

下赤岩山の展望地 について
 下赤岩山の展望地からは、眼下に広がる海岸線と、海のかなたには雄冬岬方面を、ほぼ反対方向には山頂にテレビアンテナの鉄塔などがある手稲山を見渡すことができます。

自然探勝路で 左:岩壁に咲くサクラ、中:エゾシマリス、右:秋の紅葉・黄葉
自然探勝路で 左:岩壁に咲くサクラ、中:エゾシマリス、右:秋の紅葉・黄葉

動植物について
 春はサクラ・ヒトリシズカ・タチツボスミレ・エンレイソウ・オオカメノキなど、秋にはオオカメノキ・カエデなどの紅葉・黄葉も楽しめます。
 四季を通しての、野鳥のさえずりも耳を楽しませます。
 運が良ければ、エゾシマリス・エゾタヌキ・クマゲラなどにも会えますよ。