歴史を辿る

茨木家中出張番屋

ニシン漁と祝津について

かって北海道ニシン漁最盛期(明治30年頃)の生産額は、
北海道漁業総生産額の7割を占め、
ニシン漁の豊凶が北海道経済に大きな影響を及ぼす程でした。
そのニシン漁も、明治30年の約95万トンの漁獲量をピークとして減り始め、
60年ほど前にほぼ終了しました。
ただ10年ほど前から多少の漁獲が記録されています(昔とは種類が違います)。
小樽・祝津は江戸期からニシン漁場として発展してきた地域です。
そのニシン漁場の産業遺産が随一数多く残っている地域が、小樽・祝津なのです。

茨木家中出張番屋とは

茨木家中出張番屋(いばらぎけなかでばりばんや)は、小樽市祝津3丁目に所在する建物(ニシン漁場建築)です。
祝津の網元である茨木家が明治期に漁夫の住宅として建てた物。祝津ニシン漁場の歴史的まちなみを形成する重要な建物のひとつです。
腐朽が進み崩壊寸前でしたが、所有者はもちろん、町民はもとより、行政・関係業界・関係機関のご助力を戴き、平成22年に修復されました。
ちなみに、修復工事を担当された山谷建築店さんは、中山美穂主演映画「Love Letter」のロケで使われた小樽市指定歴史的建造物(平成19年消失により解除)の施工者さんでもあります。
平成23年に第19回小樽市都市景観賞を受賞いたしました。

茨木家中出張番屋の今後について

茨木家中出張番屋の一般公開が始まりました。
修復は完了しましたが、維持・保存するには活用しなければなりません。
今後、祝津町民のコミュニティの場として、また祝津関連情報の発信の場として活用して参りたいと思っております。
多くの皆様のご利用をお待ちしております。
今季(令和4年)の一般公開は、4月29日からです。
町外のグループの会合場所として利用できる場合もございますので、どうぞご相談下さい。

お問い合わせ電話:0134-26-6160(NPO法人おたる祝津たなげ会)

茨木家中出張番屋の見学・利用について

見学

ガイドが楽しく案内致します。冬期を除き、11時~15時30分に見学出来ます。
見学寄付金(番屋維持管理費として): お一人様200円(中学生以下無料)
お問い合わせ電話:0134-26-6160(NPO法人おたる祝津たなげ会)
期間外・時間外については相談願います。

令和4年10月の開館日は下記。
    1日(土)、2日(日)、8日(土)、9日(日)、10日(祝日)
  開館時間は 午前11:00~午後3:30
  猶、10日が今季の最終開館日となります


利用

小樽海岸自然探勝路・パノラマ展望台を利用時の休憩、海岸での水遊びや野鳥観察時の休憩、町内散策時の休憩、文化教室・イベントの開催にご利用できます。
大広間、畳部屋(3室)、炊事場がございます。冬期を除き利用出来ます。事前予約をお願い致します。
期間外・時間外については相談願います。

令和4年の日程は下記。
利用日:4月29日~10月10日

利用料金:時間割分として

9時~12時:1500円(営利目的での利用の場合3000円)
13時~17時:2000円(営利目的での利用の場合4000円)
18時~21時:1500円(営利目的での利用の場合3000円)
9時~21時:4500円(営利目的での利用の場合9000円)

人数割分として お一人様:200円(中学生以下無料)
炊事場のご利用は別料金が必要です。

お問い合わせ電話:0134-26-6160(NPO法人おたる祝津たなげ会)

番屋の全景と番屋ご利用の状景

茨木家中出張番屋の位置について

茨木家中出張番屋は、おたる水族館に向かう道道454号線に面しており、水族館駐車場手前約200m左側にあります。
所在地の住所は、小樽市祝津3丁目165番地。
下の地図をご覧下さい。
恵美須神社の東側にある大きな建物です。駐車は建物の左側に可能です。

番屋へのアクセスについて

中央バスご利用の場合、
「水族館行き」(始発バス停:「JR小樽駅前」と「本局前」)に乗車、
「祝津漁港」で下車後バス進行方向に徒歩1分です。

PAGE TOP